“停車場”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ていしゃば20.1%
ステーション18.2%
ていしゃじょう14.5%
ステエション7.9%
ていしやぢやう6.1%
ステーシヨン6.1%
ていしやば6.1%
ステエシヨン4.2%
ステイション3.7%
ステイシヨン3.3%
すてーしょん1.4%
すていしょん1.4%
ギヤアル0.9%
ステェション0.9%
すてえしょん0.9%
スタンド0.5%
ステンショ0.5%
ステンシヨン0.5%
きやくまち0.5%
すていしよん0.5%
すてーしよん0.5%
ていしやじよう0.5%
ガアル0.5%
ワグザル0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汽車にでも乗って出懸けようと、例の赤手拭をぶら下げて停車場まで来ると二三分前に発車したばかりで、少々待たなければならぬ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
二十年前大学の招聘に応じてドイツを立つ時にも、先生の気性を知っている友人は一人停車場へ送りに来なかったという話である。
ケーベル先生の告別 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「もうじき停車場だよ」カムパネルラがこうの、三つならんだ小さな青じろい三角標と、地図とを見くらべていました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
停車場は、突然荒寺の裏へ入った形で、と身にみるの葉の、鳥の羽ででられるように、さらさらと——袖が鳴った。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
パデレウスキイといへば波蘭の聞えた音楽家だが、最近米国に渡つた時、ある日勃士敦停車場で汽車を待ち合せてゐた事があつた。
屋臺店を大きくした程の停車場を通り拔けると、小池は始めて落ちついた心持ちになつたらしく、燐寸つてゆツたりと紙卷煙草を吹かした。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
るばかりつて、い、川添二町ばかりして、えたのが停車場から突通しのであつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
牛乳とか玉子とか草花の束ねたのとかを停車場に女が賣りに來る。私の机の上にも古い鑵に水を入れて差された鈴蘭の花があつた。
巴里まで (旧字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
いつの間にか、トチトチトン、のんきらしいに乗って、駅と書いた本所停車場の建札も、と読んで、白日、菜の花をむる心地。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今夜遅く伯林に赴く三浦財部の二学士を始め久しく船中の生活を共にした永島事務長や牧野会計が停車場へ見送りに来てれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
時間にはれたれどともかくも停車場かんと大原は中川家を辞して門外へでたる途端、走り寄って武者振くお代嬢
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
国元の親爺の停車場送りの外は、絶えて頼んだことの無い宿車を頼んで、出かけたです、土手下に車を置かせ僕は川べりに屈んで竿をおろしたでせう。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
窓掛の間から野性の雛芥子の燃える樣なの色が見える。四時と云ふのに一分の違ひも無しに巴里の北の停車場に着いた。
巴里まで (旧字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
停車場前で饂飩で飲んだ、臓府がさながら蚯蚓のような、しッこしのない江戸児擬が、どうして腹なんぞ立て得るものかい。ふん、だらしやない。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
咽喉が悪いとて療治をして居ると云うが如何だろう、と好奇心も手伝うて、午後独歩荻窪停車場さして出かける。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
電燈の明るくともった小さな白塗のモダーンな停車場の前には、鉄道の踏切みたいな遮断機が、関所のように道路を断ち切っている。
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
ガランとした停車場を出てくると、真正面に聳え立っている赤煉瓦造りの大時計を斜めに秋燕が。秋の日が青磁の色に沈みかけていた。それが馬鹿に寂しく見えた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
はい彼等で六を取つて、どうやらうやらしてりましたが、今度此処停車場出来るにて、茶屋を出したらからうといふ人のめにせて、茶屋を始めましたが
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
少し我達利益になることをと、『中止ツ』て言やがるんだ、其れから後で、弁士の席へ押して、警視庁が車夫の停車場に炭火を許す様に骨折ていつて頼んでると
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
『いいわ。どうかなるわ。けれどあなた一寸新橋の停車場へ電話で聞いて見て下すつても好いわ。あのう、食堂車の前の箱ですつて。』
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
七条の停車場といへば、新橋梅田の、それ程にこそ雑踏せざれ。四時の遊客絶え間なき、京は日本の公園なれや。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
大正十四年但馬地震て、豐岡町被害状況概報に、停車場前通四五町町家將棊倒しにれたとあつたが、震災地めて見學した一學生其實状
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
差詰めブウルワアルとも云ふべき都會の大道が、自分の眼には倉庫の暗い蔭に荷物汽車が亂雜に置いてある停車場の裏手のやうに見えた。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
けさ着いた停車場の建物をすぐ眼のまえに見せて、鬱金木綿の筒っぽのどてらのようなものに尨大な毛の帽子をいた支那人の御者が、車輪から車体から座席
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)