白妖はくよう
むし暑い闇夜のことだった。 一台の幌型自動車が、熱海から山伝いに箱根へ向けて、十国峠へ登る複雑な登山道を疾走り続けていた。S字型のジッグザッグ道路で、鋸の歯のような猛烈なスイッチバックの中を襞襀のように派出する真黒な山の支脈に沿って、右に左 …
作品に特徴的な語句
じき よご 砂埃さじん ひき 生際まぎわ あせ もと ころが 車庫ギャレージ さお あかり とし ゆら うしろ 光芒ひかり 傾斜スロープ やみ すべ 疾走はし 背鏡バックミラー 谷際たにぎわ 追馳おっか おそ さま 大月おおつき から 蒼褪あおざ 苛立いらだ いばら 先刻さっき 襞襀ひだ もろ ゆる 細々こまごま 米突メートル 箱型セダン 立竦たちすく 立塞たちふさ 空撫からな あたり 魂消たまげ 三進さっち 閏年うるうどし ひらめ 錚々そうそう のこぎり はさみ 道路みち 藻抜もぬ 二進にっち 仄赤ほのあか 貴方あなた 貴女あなた 全々ぜんぜん 蟇口がまぐち 蜿蜒えんえん 岳南がくなん フィート 周章あわ かす ドア 悪戯いたずら マイル 昨晩ゆうべ かが 寝呆ねぼ 富子とみこ 夏山なつやま 堪兼たまりか 堀見ほりみ しゃべ 可怪おか 唖然あぜん 矢標やじるし ねむ 真黒まっくろ 其処そこ 白髪しらが 処々ところどころ 硝子ガラス 洒落しゃれ 母屋おもや 母娘おやこ とし 此処ここ あけ