“大月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいげつ50.0%
おおつき33.3%
だいげつ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れたる家の傍、斷えたる水道の柱弓を、夢心に過ぎゆけば、血の如く紅なる大月地平線よりり出で、輕く白き騎者りてひらめき飛べり。
僕は、刑事弁護士の大月というものだが、たとえあのクーペが有名な実業家の自動車であろうと、いやしくも人間一人を
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
分け登る道はいづれなりとも、その極に至れば同じ雲井に一輪の大月を見るの外はあらじ。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)