“全々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜんぜん50.0%
ぜん/\50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“全々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こちらにもいない……本当にいないんだ、全々ぜんぜん来ないそうだ、途中で?……むろん、逢わなかったさ……うん大変だよ、よしよし
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
取りあえず鎮痛剤としてモルヒネを注射して置きましたが、あくる日、S教諭が診察すると、右眼の視力は全々ぜん/\なくなってしまい、左の方もかすかな痛みがあって、視力に変りないけれど、至急に右眼を剔出しなければ両眼の明を失うと患者に宣告したのであります。
痴人の復讐 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)