“夏山”の読み方と例文
読み方割合
なつやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ、もしもし、熱海署ですか?……当直の方ですか?……僕は大月弁護士ですが、誰れかいませんか?……夏山さん?……いいです、代って下さい……。
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
夏山木末にほととぎすむなるけさ 〔巻八・一四九四〕 大伴家持
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
けふもまたしづかにむと夏山きがなかに入りつつぞ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)