“轢”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
88.0%
6.8%
きし3.4%
ひき1.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“轢”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先ずかれるなら私は貨物列車とかトラックとかもうろうとか、少々でも車上の人格のはっきりしないものの方がましだと思う。
それでも、とうとうポピイは、人をかずに、ある貸車庫の前で止りました。赤いオートバイが、その中にはいったからです。
やんちゃオートバイ (新字新仮名) / 木内高音(著)
それは数月前すうげつぜんに自動車にかれて惨死ざんしした山脇やまわきと云う書生の顔であった。
黄灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「何かあったのじゃないか、また、自動車にでも乗ってて、人でもいたのじゃないかね」
女の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
玄関に平伏した田崎は、父の車が砂利をきしって表門を出るや否や、小倉袴こくらばかま股立ももだち高く取って、天秤棒てんびんぼうを手に庭へと出た。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
この時聞ゆる單調なる物音は粉碾車こひきぐるまきしるなり。
「いずれにしても」紳士が事務員へ云った。「大変なんだ。実は、あのクーペが、歩行者を一人ひき逃げしたんだ」
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
京子をひき殺してやろう、というのだ。
鉄路 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)