黄灯こうとう
入口の障子をがたがたと開けて、学生マントを着た小兵な学生が、雨水の光る蛇目傘を半畳にして、微暗い土間へ入って来た。もう明日の朝の準備をしてしまって、膳さきの二合を嘗めるようにして飲んでいた主翁は、盃を持ったなりに土間の方へ目をやった。 「い …
作品に特徴的な語句
きまり おおい かえ うす あが しま ぱり あたたか ざま 何人たれ どま なまめ じぶん 黎明よあけ ごろ 食卓ちゃぶだい ひね へり うしろ つつ さま 轢殺しきころ はず 如何いかが 片割かたわ けだもの あば 眼前めさき かか 耳門くぐりもん かか ほうむ こわ こわ 微暗うすくら かすか のち 待兼まちかね 小兵こがら しゃが 失敗しま かたま すか 鬼火ひとだま うめ 仰向あおむけ 周章あわて あいだ 半畳はんだたみ 頭髪かみのけ 霧雨きりあめ 鼻端はなさき 物凄ものすご 猫板ねこいた ねずみ たま わけ 瓦斯ガス 生垣いけがき 番傘ばんがさ 鬼魅きみ さかずき 養生ようじょう 真似まね 真青まっさお くら めし 顧客とくい 眼球めだま みは ねむ 石臼いしうす 硝子ガラス あご 粉粉こなごな ひも くび 絨緞じゅうたん かしら 絹漉きぬごし 縁側えんがわ すが ふる しま たすき