“雁行”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がんこう93.8%
がんかう6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雁行”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.3%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その亡者のような与の公と、お閻魔えんまさまの蒲生泰軒とが、ぶらりぶらりと野中の一本道を雁行がんこうしていくのだ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それで扇の動き方でその日の暑さを知ったというのは、雁行がんこうの乱るるを見て伏兵を知った名将と同等以上であるのかもしれない。
あやしふねつひ弦月丸げんげつまる雁行がんかうになつた。