“絹漉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぬごし50.0%
きぬご50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
... 少しお入れなさい。長く煮ても決してが立ちません。普通のお豆腐でも絹漉のように柔くなります」妻君「オヤそうですか、私どもでは湯豆腐をします時曹達か塩を ...
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「そうだ、桐島さんだ、何時胴忘れをしましてね、で、絹漉は、ちりか何かになされるので」
黄灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
要するに貴方の書き方は絹漉し豆腐のように、又婦人の餅肌のように柔らかなのです、上部ばかり手触りが好いのかと思うと、中味迄ふくふくしているのです。
木下杢太郎『唐草表紙』序 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そして、内蔵助が、念に念を入れた上の絹漉しでにかけたような人々のみが、水もらさぬ用意のに、緻密な聯絡をとり合って、江戸表に深く脚を入れていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)