“緻密”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちみつ98.8%
こまか1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泰三は記録と帳簿の事実によって、老臣たちが藩主の財産をひそかに蓄積した苦心、その巧みにして緻密な努力を率直に褒めたたえ
思い違い物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
その歌の巧拙はいても、その声のキメの細かさ、緻密さ、匂やかさ、そうして、丁度刀を鍛える時に、地金を折り返しては打ち
触覚の世界 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
用意ればちにりて、一本榎より數十條り、投込むと同時緻密なるひ、には大石き、枯草べて、より爆※けば
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)