思い違い物語おもいちがいものがたり
典木泰助が来たときは誰もさほど気にしなかった。江戸邸から人が来るたびに警戒的になる一連の人たちは、こんども初めはびくりとしたようである。しかし二十日ばかりするとかれらは祝杯をあげた。よほど疑いぶかい者でさえも、多少は含みのある調子で、 —— …
作品に特徴的な語句
づぶ かたわ はず かたじけ こん 斎宮いつき つか 恍惚うっとり 嘲笑ちょうしょう 対立ついたて きま 温和おとな 満信みつのぶ 溌溂はつらつ 溜息ためいき あふ 濶達かったつ 灌水かんすい 煌々こうこう 煩瑣はんさ 燕返つばめがえ しょく 狡猾こうかつ 狼狽ろうばい 狼藉ろうぜき 生紙きがみ 畢竟ひっきょう かん かゆ たん しび こぶ しわ さかずき 眉間みけん まぶ 眸子ひとみ にら 睫毛まつげ 瞞著まんちゃく 知宣とものぶ 知幸ともよし まれ 立竦たちすく ほうき 算盤そろばん はし 粗忽そこつ 紊乱びんらん 綽名あだな 緻密ちみつ すが 縹緻きりょう 罵倒ばとう 羞恥しゅうち ふけ はら 蹴倒けたお たか かも 駘蕩たいとう 駕舁かごか 饒舌しゃべ 食禄しょくろく 颯爽さっそう あご しき うなず 頭脳あたま 頑是がんぜ 雪崩なだれ 雁首がんくび つか はさみ 釣瓶つるべ 配膳はいぜん 鄭重ていちょう さえぎ 遡及そきゅう たくま すべ 輾転てんてん 躰重たいじゅう からだ 良人おっと あお こうむ 葛飾かつしか くず 草臥くたび 艱難かんなん 胸襟きょうきん ほお