“葛飾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かつしか92.3%
かずしか2.6%
かづしか2.6%
カツシカ2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葛飾にそだって、父親はゆうめいなお神楽師、虎吉は小さいときから神楽笛を吹きなれて、それがまた、非凡の腕まえだったのです。
幻術天魔太郎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
鳰鳥(かいつぶり)は水にくので、葛飾のかずへの枕詞とした。葛飾は今の葛飾区一帯。「」は神に新穀を供え祭ること、即ち新嘗の祭をいう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
鳰鳥葛飾早稲すともしきをてめやも 〔巻十四・三三八六〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
葛飾真間のてこながありしかば、真間のおすひに浪もとゞろに(万葉巻十四)
日本文章の発想法の起り (新字旧仮名) / 折口信夫(著)