“葛飾北斎”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かつしかほくさい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“葛飾北斎”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画3.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
葛飾北斎かつしかほくさい水滸画伝すゐこぐわでん揷画さしゑも、誰か又是を以て如実によじつに支那を写したりと云はん。
日本の芸術家中泰西の鑑賞家によりてその研究批判の精細をきわめたるもの、画狂人葛飾北斎かつしかほくさいくものはあらざるべし。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)