芳年写生帖よしとししゃせいちょう
霖雨と硝煙のうちに、上野の森は暮急ぐ風情でした。その日ばかりは時の鐘も鳴らず、昼頃から燃え始めた寛永寺の七堂伽藍、大方は猛火に舐め尽された頃までも、落武者を狩る官兵の鬨の声が、遠くから、近くから、全山に木精を返しました。 「今の奴、何処へ逃 …
作品に特徴的な語句
いく そら 蘇生よみが さら わらい 背負しょい さま 矢張やっぱ みに 其方そのほう かむ かえ いかり 此方こっち しっか よこし 頭立かしらた さわぎ 乱鬢みだれびん 千住こつ あい 園花そのばな こう ねん うらみ 押込おしこみ さぐ 斬合きりあ しば 此方こなた うつ 白襷しろたすき むご 軽傷あさで 頬冠ほおかぶ たぶさ 一寸ちょっと 丁度ちょうど 主人あるじ なが 乗込のりこ 人気ひとけ せん おっ 伝法でんぽう 伸上のびあが 伽藍がらん 何処どこ 何時いつ まま 先刻さっき 其処そこ かぶ しの 双手もろて 取巻とりま 口惜くや 可笑おか 呼止よびと ただ うしな 四方あたり 四辺あたり 固唾かたず 土産みやげ ふさ ほか なぶ 屏風びょうぶ 崩折くずお 巡邏じゅんら 差覗さしのぞ 年恒としつね 年英としひで 幾条いくすじ ついで 引渡ひきわた 引釣ひきつ ゆる 弥蔵やぞう 彼方かなた たちま 成程なるほど