“引渡”の読み方と例文
読み方割合
ひきわた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おまけに一人の親仁なぞは、媽々衆行水の間、引渡されたものと見えて、小児を一人胡坐の上へ抱いて、雁首俯向けに煙管
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すべしとされし上早速其所の地主嘉兵衞と其家主を呼寄られ城富を引渡しとなり隨分心付けつかはすべき由申付けられけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「え? ——お前さん、りして下さいよ。あんな二本差なんか、芋侍に引渡しさえすれば、それでお仕舞なんだから」
芳年写生帖 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)