“葛飾早稲”のいろいろな読み方と例文
旧字:葛飾早稻
読み方割合
カツシカワセ75.0%
かつしかわせ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にほとりの 葛飾早稲すとも、しきを、に立てめやも(万葉集巻十四)
古代生活に見えた恋愛 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
にほとりの 葛飾早稲をにへすとも、そのかなしきを、に立てめやも
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
鳰鳥葛飾早稲の新しぼり煮つつよろしき夜はさだまりぬ (一一五頁)
文庫版『雀の卵』覚書 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)