“早稲田文学”の読み方と例文
読み方割合
わせだぶんがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからこれは何時かの『早稲田文学』へ載せた雑感の中にもちょっと書いた事であるが
私の貞操観 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
なんでもそのころ早稲田文学の新年号に、安成貞雄君が書いた紹介があったものだから、それを読むとすぐに丸善へ行って買って来たという記憶がある。この本は大いに感服した。
仏蘭西文学と僕 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)