“記録文学”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ルポルタージュ66.7%
ドクメンタリーヌイ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“記録文学”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > ロシア・ソヴィエト文学3.7%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
記録文学ルポルタージュ、ノン・フィクションの作品が生れはじめ、またうけ入れられたのには、理由があった。
ことの真実 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
一九四九年のこのごろ、ジャーナリズムの上では記録文学ルポルタージュ流行がはじまっている。
文学の主題としての、国内戦は、記録文学ドクメンタリーヌイの時代をすぎて既に革命の歴史的観点から、丸彫りにして再現さるべき時になっている。