“文学”のいろいろな読み方と例文
旧字:文學
読み方(ふりがな)割合
ぶんがく50.0%
25.0%
ものがたり25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だい四に、音楽おんがく文学ぶんがく社会問題しゃかいもんだいやそのほかにいろいろなものについておおくの評論ひょうろんがあります。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
戯作げさく』と云へる襤褸ぼろぎ『文学ぶんがく』といふかむりけしだけにても其効果かうくわいちゞるしくだいなるはらる。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
之を非難ひなんするは畢竟ひつきやう当世たうせい文学ぶんがくらざる者といふべし。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
又生活も何も野上さんのように、文学のうちにまとめることも出来ない。
私は実際惚れきれなかった。あっちこっち眼移りがしたからさ。愉快な人達も随分いたよ。杉山さんというお医者さん、文学ものがたりが好きで眼が肥えていて、ちょっと玄人跣足くろうとはだしだった。お酒を呑むと武勇を揮い、私なんかも時々嚇かされたが、酒がさめると穏しくなり、よくご馳走をしてくれた。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)