“文学”のいろいろな読み方と例文
旧字:文學
読み方(ふりがな)割合
ぶんがく66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“文学”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
之を非難ひなんするは畢竟ひつきやう当世たうせい文学ぶんがくらざる者といふべし。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
だい四に、音楽おんがく文学ぶんがく社会問題しゃかいもんだいやそのほかにいろいろなものについておおくの評論ひょうろんがあります。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
又生活も何も野上さんのように、文学のうちにまとめることも出来ない。