“九州”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうしゅう46.2%
きゆうしゆう15.4%
きうしう15.4%
おくに7.7%
きうしゆう7.7%
きゆうしう7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九州総追捕使というのは、九州総督という意味なのです。すると大名たちは、これも半分はこわいし、半分はいまいましがって
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
しかし九州にはこのにはひる土地がなく、四國六千五百尺以上高山石槌山劍山)に、にこの下部界ることが出來ます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
九州ふやうなかしい姿をしても、下枝までもくまい。小鳥んでしたのをりがかりにつてたものであらう。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そうしてあなたはやはり九州の……まあ、こんな処まで……よくおわかりになりましたのね……まあ、九州の方はいい処だそうですね……まあ、およろしいじゃありませんか……今紅茶を……
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
薯蕷九州山奥るまで石版画赤本ざるのなしとうごめかして文学功徳無量広大なるを当世男んど門並なり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
右大臣ちかねて、自分でもして、つけ次第矢先にかけて射落さうとつてゐるうちに、九州されて、しい雷雨たれ、その明石され
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)