人魚の祠にんぎょのほこら
「いまの、あの婦人が抱いて居た嬰兒ですが、鯉か、鼈ででも有りさうでならないんですがね。」 「…………」 私は、默つて工學士の其の顏を視た。 「まさかとは思ひますが。」 赤坂の見附に近い、唯ある珈琲店の …
作品に特徴的な語句
棕櫚しゆろ 羽目はめ 供養くやう さか 釣竿つりざを 板塀いたべい ひろ 血汐ちしほ 夕靄ゆふもや のこ 手足てあし 筑波つくば 日蔭ひかげ 不躾ぶしつけ 一筋ひとすぢ 透間すきま 逼迫ひつぱく 人魂ひとだま 五位鷺ごゐさぎ 小雨こさめ 引緊ひきしま 一叢ひとむら 時刻じこく 硝子窓がらすまど 電車でんしや 身震みぶるひ ちう 片手かたて 人品じんぴん 身體からだ 透通すきとほ 内證ないしよう 御存ごぞん ひろ おく かね だま 時節じせつ 悲鳴ひめい 用意ようい 羽二重はぶたへ いと 中空なかぞら だん 蒼味あをみ ぬま 鳥居とりゐ 殊勝しゆしよう 煉瓦塀れんぐわべい 電燈でんとう くに 綿わた 見附みつけ 此處こゝ 暗夜くらがり すそ あつ 四邊あたり 眞白まつしろ 樣子やうす 茶色ちやいろ みだ 街道かいだう 友染いうぜん 撫肩なでがた 飛出とびだ 輪郭りんくわく 小高こだか 御覽ごらん 薄日うすび 見棄みす とゞ 乳房ちぶさ ねり 兩手りやうて ひる 水晶すゐしやう いしずゑ 端近はしぢか 一雫ひとしづく 朽木くちき ほこ 陰氣いんき 香木かうぼく 一面いちめん すもゝ かる 利根とね せま 白脛しろはぎ 結構けつこう 異形いぎやう 薄暗うすぐら ちか 二階にかい