人魚の祠にんぎょのほこら
「いまの、あの婦人が抱いて居た嬰兒ですが、鯉か、鼈ででも有りさうでならないんですがね私は、默つて工學士の其の顏を視た。 「まさかとは思ひますが。」 赤坂の見附に近い、唯ある珈琲店の端近な卓子で、工學士は麥酒の硝子杯を控へて云つた。 私は卷莨 …
作品に特徴的な語句
ゆつた にほ 上下あげおろし 調そろ はや ぢき またゝき しづ たわゝ おほき よぢ うつくし あたゝか がか 斜違はすつかひ 一條ひとつ ふつく しづか ふん おろ 矢張やつぱ 彼方あつち 女子ぢよし つき かをり うつす しやう がは さが うへ 一時いつとき 此方こち 一周ひとまは きり 寂然ひつそり 如何いかゞ 淡紅うすべに 白痴たはけ いたづら まへ 仰向あをむ かぶり かつ かは 五十ごじふ 暗夜くらがり うも 居合ゐあ かふ めづら をんな 幸福かうふく あひだ あらは いへ たひら かを たう ふくろふ 三方さんぱう 温泉をんせん 此方こつち 翡翠かはせみ 音信おとづれ くぎ 御堂おだう 胸襟むねえり にほひ 這込はひこ あふ かゝと とほ おほ 芳香はうかう 彫刻てうこく はう 素直まつすぐ つめた じつ あかる あるひ なま なん くう かつ ちひ おき ぎら 水田みづた をとこ くれなゐ