“きゆうしう”の漢字の書き方と例文
語句割合
九州100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
右大臣ちかねて、自分でもして、つけ次第矢先にかけて射落さうとつてゐるうちに、九州されて、しい雷雨たれ、その明石され
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)