“総追捕使”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうついぶし50.0%
そうついほし25.0%
そうつゐぶし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南朝ではその、直冬を“総追捕使”にして、尊氏討伐の宣下まで与えて鼓舞していたが、直冬はもろくも京都をすてて山陰の石見へ逃げ落ち、そこでまた諸国の直義党を糾合
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
九州総追捕使というのは、九州総督という意味なのです。すると大名たちは、これも半分はこわいし、半分はいまいましがって
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
彼は、建久元年初めて上洛し、権大納言右近衛大将に任ぜられたが、直ちに拝辞した。彼は、たゞ六十六箇国総追捕使、もしくは征夷大将軍として、兵馬の権を握ることに専心した。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)