“九州訛”の読み方と例文
読み方割合
きゅうしゅうなま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九州訛りのあるその産婆は、これが手、これが肩などと言って、一々妊婦の手に触らせていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)