九州訛きゅうしゅうなま)” の例文
九州訛りのあるその産婆は、これが手、これが肩などと言って、一々妊婦の手に触らせていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)