私の貞操観わたしのていそうかん
従来は貞操という事を感情ばかりで取扱っていた。「女子がなぜに貞操を尊重するか。」こういう疑問を起さねばならぬほど、昔の女は自己の全生活について細緻な反省を下すことを欠いていた。女という者は昔から定められたそういう習慣の下に盲動しておればそれ …
作品に特徴的な語句
いっ 御上おんうえ さだま たまた とおざ あま はじ うごか 如何いかが くい こが よっ したし あわ せつ やや いと いにしえ 如何いかん 如此かくのごと そこな 彷徨ほうこう こみち さしはさ 放縦ほうしょう ふる おおむ 沙汰ざた すま さかん はなはだ やせ みが 神巫かんなぎ きたな うらやま 舅姑しゅうとしゅうとめ すべ あずか 伊勢いせ てい 何処どこ 何故なぜ 何時いつ ためし おもかげ 偏狭へんきょう ひが 入聟いりむこ まった 共棲きょうせい 其様そんな 切盛きりもり はじめ 初心うぶ 加茂かも 危惧きぐ すなわ 商估しょうこ ただ うわさ とら もと さかい 外出そとで 大人おとな 大浜おおはま 大股おおまた 太切たいせつ 奉祀ほうし 女酋じょしゅう 好悪こうお 妓女ぎじょ 姦淫かんいん 娼婦しょうふ ばあ すくな 希臘ギリシャ 平生へいぜい 平衡へいこう 引緊ひきしま 当然あたりまえ 彼方かなた 微笑ほほえ 必定ひつじょう せわ たちま 恥辱ちじょく かん