“尠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すくな70.1%
すく25.9%
すこ1.5%
まれ0.7%
スクナ0.7%
すくなか0.4%
すくの0.4%
ずく0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誰もが知っている通り、春夏秋冬と、松の木手入れに手数のかかる木はい。自然物入もかさむ。全くやっかい至極な放蕩息子だ。
解説 趣味を通じての先生 (新字新仮名) / 額田六福(著)
別して巣林子の著作のに恋愛の恋愛らしきもの甚だなきを悲しまざるを得ず。し其のに到らしめしもの諸種の原因あるべし。
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
籐椅子に凭れずに、し上体を前こごみにすると、隣の部屋に編み物をする弟の妻、ことし三十になる女の半身が見えるのである。
(新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
平和主義を抱ける洋人某、つて余と「八犬伝」を読む。我が巻中に入れたる揷画、ぐさき血を見せざる者甚だなり。
想断々(1) (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
その父君も、今は筑紫に居る。くとも、姫などはさう信じて居た。家族の以上は、太宰帥のはな/″\しい生活の装ひとして、連れられて行つてゐた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
流水は國文科出身の學士で徳川文學に關する著述をらず公にし又絶えず新聞に小説の筆を執つて居る事をも聞知つて居たので、眠られぬ儘に日本の文學界の事など質問した。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
「役人は割合とうございますが、社長重役というのがザラに見えます。尤も随分ひどいのも来ます」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
中味なの鉢を麗々と朱塗りの台に載せ、幕間に「へい御退屈さま」と桟敷へ持ち込む。
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)