「歌念仏」を読みて「うたねんぶつ」をよみて
巣林子の世話戯曲十中の八九は主人公を遊廓内に取れり、其清潔なる境地より取り来りたる者は甚だ少数なる中に「お夏清十郎歌念仏」は傑作として知られたり。余は「歌念仏」を愛読するの余、其女主人公に就きて感じたるところを有の儘に筆にせんとするのみ。若 …
作品に特徴的な語句
きはめ やみ 情人こひゞと えら あたは ゆか しな しかる おほい けい ごゝろ おのづ いづ 情愛アツフヱクシヨン いや れう 虚言いつはり 何処いづく いだ とら やは をつと いら はぢ やう いふ あまり 処女をとめ いで つま むろ 彷徨はうくわう ちよう 恋愛ラブ わが など ほしいまゝ せい いたる いひ 下僕かぼく さが あり 案内しるべ 毎朝まいてう もえ あひ なか 仕損しそこな まゝ すべ つと かへ すく のち 御僧ごそう そもそ はさ 書出かきいだ 有処あるところ 浩歎かうたん ぬれ こゝ なほ ことわり しん 穿うが ひそ 立野たちの 篁村くわうそん いたり いやし けだ つぐな 軽佻けいてう つれ 金紗きんしや ちまた くだ うち 二人ふたり ほか 余所よそ 傾城けいせい その 内外うちそと およ はじめ とが 奸策かんさく 容形なりかたち つまびらか