“閭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りよ50.0%
ちまた50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清淨でもければ、不潔でもい、でもでもいのである。不潔でなかつたのは、がためには勿怪であつた。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
單純なレウマチス頭痛ではあつたが、平生から神經質であつたので、かり醫者んでもなか/\なほらない。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
清十郎の追払れたりし時には未だ分別のには迷はざりしものを、このお夏の狂愛に魅せられし後の彼は、早や気は転乱し、仕損ふたら浮世は闇、跡先見えぬ出来心にて
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)