寒山拾得かんざんじっとく
唐の貞觀の頃だと云ふから、西洋は七世紀の初日本は年號と云ふもののやつと出來掛かつた時である。閭丘胤と云ふ官吏がゐたさうである。尤もそんな人はゐなかつたらしいと云ふ人もある。なぜかと云ふと、閭は台州の主簿になつてゐたと言ひ傳へられてゐるのに、 …
作品に特徴的な語句
しやう おつし かう なほ あじは ぢやう まじなひ おつ うへ とほり 中間ちゆうかん 屋内をくない ごん まへ にはか きり 連中れんちゆう 盲目まうもく すき 俳優はいいう しよ たつと しづ つくゑ せい だう 茶菓ちやくわ がう 出立しゆつたつ いで とほ さいはひ みづか あひだ 職業しよくげふ つけ 翌朝よくてう はう ざう つゞ ちひ うづくま おほ なほ みと なに 木履ぽくり 從者じゆうしや つもり たう はん 蒼白あをじろ こゝろ だい 日々ひゞ こゝろざ 法衣ほふえ せは 食器しよくき 食堂しよくだう すう やまひ 先刻せんこく 先頃さきころ 上座じやうざ はじ まつた ゆび 途中とちゆう 報告はうこく しん おこ 燈明とうみやう たい 承知しようち 客間きやくま 大切たいせつ 大勢おほぜい やぶ 大男おほをとこ 廊下らうか くわん かゞ 威勢ゐせい 謁見えつけん もつと 見當けんたう 小女こをんな ずん 諦念あきら 見合みあは
題名が同じ作品
寒山拾得 (新字新仮名)森鴎外 (著)
寒山拾得 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)