寒山拾得かんざんじっとく
唐の貞觀の頃だと云ふから、西洋は七世紀の初日本は年號と云ふもののやつと出來掛かつた時である。閭丘胤と云ふ官吏がゐたさうである。尤もそんな人はゐなかつたらしいと云ふ人もある。なぜかと云ふと、閭は台州の主 …
作品に特徴的な語句
さが 勿怪もつけ くりや 冷汗ひやあせ 手柄てがら のこ 面倒めんだう 場合ばあひ やぶ 同時どうじ 親切しんせつ 名告なの 見詰みつ 御存ごぞん 案内あんない おく 足跡あしあと だま 行脚あんぎや 實際じつさい 正鵠せいこく 灰色はひいろ 不都合ふつがふ 用事ようじ つとめ 眞赤まつか れい 落葉おちば 坊主ばうず 戸口とぐち あらた 出掛でか 日々ひゞ おく 視線しせん 先頃さきころ つた 二足ふたあし 入口いりくち 御用ごよう 鍋釜なべかま 芝居しばゐ 薄暗うすくら くすり 御門ごもん ばう 燈明とうみやう 普賢ふげん 松林まつばやし すう つゝ 旅立たびだ 餘程よほど 沿 ぐん 老子らうし 見定みさだ 三足みあし 太守たいしゆ 承知しようち 尊敬そんけい なや 本堂ほんだう まん かみ 土埃つちほこり 俳優はいいう 西洋せいやう おう 役人やくにん 氣分きぶん 爪先上つまさきあが 謁見えつけん 威勢ゐせい まゐ 上機嫌じやうきげん 疎遠そゑん 小女こをんな 文殊もんじゆ べん ざう 木履ぽくり 上座じやうざ 乞食坊主こじきばうず 煬帝やうだい 長安ちやうあん 顧慮こりよ 食事しよくじ 周圍しうゐ 不潔ふけつ 基督教クリストけう
題名が同じ作品
寒山拾得 (新字新仮名)森鴎外 (著)
寒山拾得 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)