“勿怪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もっけ87.7%
もつけ10.5%
もツけ1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清浄な水でもよければ、不潔な水でもいい、湯でも茶でもいいのである。不潔な水でなかったのは、閭がためには勿怪の幸いであった。
寒山拾得 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
清淨でもければ、不潔でもい、でもでもいのである。不潔でなかつたのは、がためには勿怪であつた。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
ちやんのには勿怪さな魔法壜充分其功能はしつたので、ちやんもうこれよりきくはなりませんでした、が、それは非常不愉快
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)