“勿躰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もつたい86.7%
もったい13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へば御自分にして言葉てさせてさる御思召有難しいろしい、りの勿躰なさにがこぼれる
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
勿躰ない、名僧智識つたもの、と足代いたゞがの、……では、お前様へござつて、坊主しつたものだんべい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
和助はを持った。それはそのときまで酒を待っていたことになにか意味があるとでも云いたそうな、かなり勿躰ぶった手つきであった。
追いついた夢 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
今更未練が出てお勢を捨るなどという事は勿躰なくて出来ず、と言ッて叔母に詫言を言うも無念、あれもなりこれも厭なりで思案の糸筋がれ出し、肚のでは上を下へとゴッタ返えすが
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)