追いついた夢おいついたゆめ
娘は風呂桶から出るところだった。 「どうです、いい躰でしょう旦那」 おかみは嗄れた声でそっと囁いた。 「あれだけきれいな躰は千人にひとりもありやしません、こんな商売をしているから、ずいぶんたくさん女の躰を見てますがね、ああいうのこそほんとの …
作品に特徴的な語句
たより こう 含羞はにかみ しゃが なり 美味おいし かか すさま 勿躰もったい あざ 嘲笑ちょうしょう きま たび かか ごう 燧袋ひうち とっ こく 遁世とんせ 一瞥いちべつ 不味まず 二重ふたえ 佃島つくだじま 侮蔑ぶべつ 俯向うつむ 光暈こううん もた 単衣ひとえ 印籠いんろう かえ 可笑おか 吃驚びっくり 吝嗇りんしょく つぶや うめ 和助わすけ むせ そそ うな 啖呵たんか のど あえ 嘲弄ちょうろう ささや 土産みやげ 執拗しつよう 夕餉ゆうげ 太息といき めい 孤児みなしご 小波さざなみ 尻尾しっぽ ゆっ たし はばか つか そろ 早熟ませ しばら 朴訥ぼくとつ 板塀いたべい おけ さお ひつ 此処ここ みぎわ 河岸かし きよ よだれ たま 溜息ためいき 煎薬せんやく ろう 狡猾こうかつ しび さかずき 眩暈めまい まれ 箪笥たんす はし 糠袋ぬかぶくろ しゃ つむぎ 緻密ちみつ 縹緻きりょう