“板塀”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いたべい98.0%
へい2.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“板塀”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
門構えだが地所にゆとりがないので、門からひとまたぎで玄関だし、板塀いたべいと建物とのあいだも三尺そこそこしかない。
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
平次は併しそれに見向きもせず、門から出ると、いきなり生垣の向う、板塀いたべいめぐらした隣の家へやつて行きました。
みんなして板塀へいがドッと音のするほど水をいて、樹木から金のしずくがこぼれ、青苔あおごけが生々した庭石の上に、細かく土のはねた、健康そうな素足を揃えて、手拭で胸の汗をきながら冷たいお茶受けを待っている。