旧聞日本橋きゅうぶんにほんばし15 流れた唾き15 ながれたつばき
神田のクリスチャンの伯母さんの家の家風が、あんぽんたんを甚くよろこばせた。この伯母さんは、女学校を出て、行燈袴を穿いて、四円の月給の小学教師になったので、私の母から姉妹の縁を切るといわれた女だ。でも、当時を風靡した官員さんの細君になったので …
作品に特徴的な語句
祖母おふくろ しど あけ とぎ 祖父おじいさん いろ ててら しばい 料理おちゃ いれ 猪口おちょこ 書籍しょもつ 三日さんじつ 物乞おもらい とも おち くびすじ ひど 退 場所ところ 根生こんじょう 季節シーズン 家族うち なさ 終日いちにち 上封ふう 燈籠どうろう 煙草タバコ かみなり 煙管キセル 門附かどづ つぶ つばき なま 用達ようた かじ 跳上おどりあが 甲斐がい もら 毛布ケット 襁褓おしめ ひと 板塀へい ちち 茶台ちゃぶだい 人格ひとがら 書家ひと 老婢ろうひ こな ぬぐ しま 黄身きみ 額縁がくぶち 現今いま 丁銀ちょうぎん 麩麺そうめん おい しゃく 白湯さゆ 白滝しらたき 白粉おしろい しわ たらい 目高めだか 眉毛まゆげ 鶏卵たまご 香煎こうせん あめ 穿 食物たべもの 算盤そろばん すだれ 紅流べになが 釜敷かましき ふすま のぞ 言語ことば 顎髭あごひげ たち 贔屓ひいき 道巾みちはば 邸町やしきまち 青苔あおごけ あご 音色ねいろ しずか やり はさみ 錦絵にしきえ 風情ふぜい しずく
題名が同じ作品
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:03 蕎麦屋の利久 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:04 源泉小学校 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:05 大丸呉服店 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:06 古屋島七兵衛 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:09 木魚の配偶 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:10 勝川花菊の一生 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:11 朝散太夫の末裔 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:12 チンコッきり (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:13 お墓のすげかえ (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:14 西洋の唐茄子 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:18 神田附木店 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:19 明治座今昔 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:20 西川小りん (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:21 議事堂炎上 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)
旧聞日本橋:25 渡りきらぬ橋 (新字新仮名)長谷川時雨 (著)