“飴”の読み方と例文
読み方割合
あめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これがわたくしの思いつきでして」、それから子供の集まってるところへ行ってその真似をしてみせると、案外によくが売れた。
猫八 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
そこには笛をふいている屋もある。その飴屋の小さい屋台店の軒には、俳優の紋どころを墨やで書いた看板がかけてある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「よせよ。そんな気が変になるみたいな話は。それよりも、どこかで、一本十円の闇屋をおごってくれよ。その方がありがたい」
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)