“飴煮”の読み方と例文
読み方割合
あめに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あたりめえだ、中華の米の鮮魚といわれるこの江州でいながら、死んだ魚の飴煮や吸物なんぞ食わせやがって」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蓴菜の酢味噌。胡桃と、飴煮の鉢、鮴とせん牛蒡の椀なんど、膳を前にした光景が目前にある。……
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もっとも、最初東京にはいってくるものは、江州地方でいわゆるあゆの飴煮にするものであって、これはあまり美味なものではない。あゆは不思議な魚で、水勢のないところでは大きくならない。
若鮎について (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)