“鮴”の読み方と例文
読み方割合
ごり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うぐいはやごりの類は格別、亭で名物にする一尺の岩魚いわなは、娘だか、妻女だか、艶色えんしょく懸相けそうして、かわおそくだんの柳の根に、ひれある錦木にしきぎにするのだと風説うわさした。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
季節季節によって、ごり川鯊かわはぜはや、雨降り揚句には鮒や鰻も浮出てとんだ獲ものもあった。こちらの河原には近所の子供の一群がすでにあさり騒いでいる。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
北陸地方では鰍のことをごりと呼んでいるが、変わった種類ではない。天明頃、長崎へ来ていた和蘭陀おらんだ人が調べたところによると、日本には四十幾種類の鰍がいるという。その写生図さえ残している。
冬の鰍 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)