食魔しょくま
菊萵苣と和名はついているが、原名のアンディーヴと呼ぶ方が食通の間には通りがよいようである。その蔬菜が姉娘のお千代の手で水洗いされ笊で水を切って部屋のまん中の台俎板の上に置かれた。 素人の家にしては道具万端整っている料理部屋である。ただ少し手 …
作品に特徴的な語句
わずらわ くぐ あまな かず 恰好かこう つか いろ あかり つやや あと ごころ くずお そら ぴき 後嗣あと 見巡みめぐ たか まつわ こじ いた てこ はた なぶ 強請せが おく 下手したで 甘藷いも あた 生噛なまが わた 巷路こうろ 聳立そびえた のび おぶ みた 最中さなか 看護みと 塩鮭しおじゃけ 浮浪さまよ いじ 垂簾のれん 洒落しゃ しっか こす 老爺ろうや はま うかが つい さき かこ わか つなが なで なじ ぼか そこな にぎや 最寄もより 服装みなり げん たか あから めぐ ただす 嚥下のみくだ 極立きわだ 欄干てすり 嘲笑ちょうしょう かつ 筆尖ひっせん 頓着とんちゃく くる まぶ いたわ 人伝ひとづ ぬぐ 青酸あおずっぱ さえ ゆだ 相応ふさ 侏儒しゅじゅ