猫八ねこはち
「おい、大将」と呼びかけられて、猫八は今まで熱心に読み耽ってた講談倶楽部から目をその方に転じた。その声ですぐその人だとは分ってたので、心易い気になって、 「いよう、先生!」わざと惚けた顔つきをしてみせながら、「よくこの電車でお目にかかるじゃ …
作品に特徴的な語句
けい じょ こと しが うし とぼ 筋向すじむこ 身心みごころ 具合ぐあ ぶん 喋舌しゃべり 手拭てぬぐ おだ のぞ かご 一言いちごん とも そな あま 小木こぎ こう けえ 庭鳥にわとり こわ なま ほう 晩食ばんしょく きま みぞ 熟睡じゅくすい おそ しま ごと 評議ひょうぎ 近眼きんがん 三進さっち 久米くめ おつ 二進にっち 今時いまどき 仰天ぎょうてん うかが 住居すまい 余裕よゆう 保護ほご もよお かし もう かぶと 円助えんすけ わか つと 匿名とくめい いや 反駁はんばく 口調くちょう 台辞せりふ いな 味方みかた とな のど うそ 器用きよう 図体ずうたい 堕落だらく 奥床おくゆか 奮発ふんぱつ 妄者もうじゃ 妥協だきょう 寄席よせ たず ひら 後学こうがく 心易こころやす 怒鳴どな まど 感触かんしょく 手応てごた ふん 披露ひろう 指図さしず ひか 提灯ちょうちん にぎ そこ