“丁銀”の読み方と例文
読み方割合
ちょうぎん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
分判丁銀、取交ぜて三百両あまり、詰めには寛永銭が二三百枚、その真ん中に、油紙に包んだ遺言状が一通、さして傷みもせずに交っております。
どっちかになっておけばよかったのを、祖母が、商人がいいといって丁銀という大問屋へ小僧にやられた。
やがて、賽銭箱のを取ってかき交ぜ、燭台を斜めにしてのぞいて見ると、これはありきたりのバラ銭とちがい、パッと眼を射る光は、たしかに一分判南鐐丁銀豆板のたぐい。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)