“家族”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かぞく69.6%
やから10.7%
うち7.1%
うから5.4%
うちのもの1.8%
ひと1.8%
みうち1.8%
みんな1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糟谷次男芳輔親子四人の家族であるが、その四人の生活が、いまの糟谷きでは、なかなかほねがおれるのであった。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
我はフィオレンツァにこれらの家族と他の諸〻の家族とありて、歎くべき謂れなきまでそのいと安らかなるを見たり 一四八—一五〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
さうしちや裾湯えてねえつてつちや家族ことしてなあ、百姓はおめえ夜中までんねえでつちやらんねえな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
精進湖雲あし赤く日暮なり写真とらすと家族
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
家族は便宜上「白」と呼んでいたが、二葉亭は決して名を呼ばなかった。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
お浪の家は村で指折財産よしであるが、不幸家族が少くって今ではお浪とその母とばかりになっているので、召使も居れば男女出入りするから朝夕などはかであるが
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
どこまでも執着は、自分家族のこと、とりわけ二人子供のことがにかかり、なかなか死切れなかったのでございます。
鄰家はと、からし、して、くと、おなじやうに、提灯家族んでる。なんど守護するやうに——
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)