二葉亭余談ふたばていよだん
私が初めて二葉亭と面会したのは明治二十二年の秋の末であった。この憶出を語る前に順序として私自身の事を少しくいわねばならない。 これより先き二葉亭の噂は巌本撫象から度々聞いていた。巌本は頻りに二葉亭の人物を讃歎して、「二葉亭は哲学者である、シ …
作品に特徴的な語句
むり こう ほん うな つぶ 周章あたふ きっ じゃ あじお ぎり ちっ やつ 敏捷すばしっ さむら あと しい ずま 教育しこ むず いざ 生白なまっちら やか さが 飄然ひょっこり 何処どっ まぐ ふとこ れん 三種みいろ 家族うちのもの けな おも さす ほっ 敏捷すばし づめ 倦怠けったる おの 所為まね かい どな あやぶ 準備ようい 小六こむず かみ 饒舌しゃべり きっ うる 地方いなか こわ 平生ひごろ なぶ いかめ つもり くるし もし いじ なまめ はず くず おとな がた しゃ かか いじ やさ 気取きどり いつも 佇立たちどま 微酔ほろえい 間断しっきり 主張いいは もぐ やっ よっ