“小六”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ころく55.6%
こむ22.2%
ねえ11.1%
こむず11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小六さん、座敷てて、洋燈けて頂戴せないだから」と依頼んだ。小六簡單
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「だからもっと解りやすいように。私に解らないような小六ずかしい理窟はやめにして」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
小六さんだって、あんな気の強い人だったけれど、どんなにかお前さんを可愛い、可愛いッて、いつも言ったろう。それがああだし。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
平生小六かしい顔をしている先生の意外な珍芸にアッと感服さしたというのはやはり昔し取った杵柄の若辰の物真似であったろう。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)