“ねえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ネエ
語句割合
44.9%
40.7%
5.1%
義姉2.1%
2.1%
女中1.6%
従姉0.7%
0.5%
0.5%
0.5%
小六0.2%
0.2%
少姐0.2%
0.2%
0.2%
異母姉0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茶屋小屋、出茶屋のさんじゃあねえ。風俗はこの目でんだが……おやおや、お役人の奥様かい。……郵便局員の御夫人かな。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「おやおろくさんのさんお帰んなさい、いま三沢さんの旦那のおふるまいでこのとおりなんですよ、さあ姐さんも早くあがって」
雨あがる (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
もしさん。使いだてしてお気の毒だが御輿を据えて、聞かざならねえことが出来やした。ここへ一合、付けて来ておくんなせえやし
曲亭馬琴 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
「や、のおじいさんですか。退屈よりも、義兄さんや義姉さんに、余りよくしていただくので、なんともはや相すまなくて」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「まさかやは、謡曲狂言によく出てくる狂女じゃあるめえ。……人が笑うわな。……い顔をしているのに、髪だって、もすこしどうかして歩いたらどうだい」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ええ、誰れもいませんの。ボクひとり。……ママは女中やを置くのきらいなんです」
キャラコさん:08 月光曲 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
。でも、従姉さんには僕というものがよく解ってないんですね。僕にはそう思えます。従姉さんに僕が解ったら、僕たちは仕合せになれるんだがなア。解るためには愛することが必要です
寡婦 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
諏訪 そんなんじゃァ、お土産はやの方へ回さなきゃァ。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)
かねえ、からもう憎まれを利くから村の者はをかまって呉れません、ヘエ、御免なすって、えゝ此の間一寸さんを見ましたが、えゝはあのお妹御様
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
段右衞門聲高にしい女め如何樣にべら/\喋舌とも然樣なことは夢にも覺えはれはまアしい阿魔だ女に似合誣言事扨は三五郎のと思ひ違へての惡口ん七人の子をとも女に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
小六さんだって、あんな気の強い人だったけれど、どんなにかお前さんを可愛い、可愛いッて、いつも言ったろう。それがああだし。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私も世話になってるし、内のは大抵小六さんに仕込まれただもの、座をこれまでにしたのはあのの丹精じゃあないか。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「その大皿と、丼を——それ、さん、そっちの戸棚。」
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さん、嫁さん。」
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
唯今何します、どうも、貴下御免なさいましよ。主人が留守だもんですから、少姐さんのお部屋でついお心易立にお炬燵を拝借して、続物を読んで頂いておりました処が、」
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「今夜までに返すからと言ったにゃあ言いましたけれども、何、少姐さんは返してもらうおつもりじゃございませんのに、やっと今こっちじゃあ思い出しました位ですもの。」
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
長「婆さん、お願いだからおも己のことを此家の人達へしょにしていてくんなせえ……これは己のさい時守をしてくんなすったお礼だ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「おつぎかねえでさあきて仕事しろ、おとつゝあげは謝罪つてやつかんなあ、與吉てら、さあつてさつせ」百姓におつぎをした。與吉はおつぎの姿えないのでりにんだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それにあのの薄く我儘な私と三つ違いの異母姉さんも可哀い姿で踊つた。五歳六歳の私もまた引き入れられて、眞白に白粉を塗り、派出なきものをつけて、何がなしに小さい手をひらいて踊つた。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)