雨あがるあめあがる
もういちど悲鳴のような声をあげて、それから女の喚きだすのが聞えた。 ——またあの女だ。 三沢伊兵衛は寝ころんだまま、気づかわしそうにうす眼をあけて妻を見た。おたよは縫い物を続けていた。古袷を解いて張ったのを、単衣に直しているのである。茶色に …
作品に特徴的な語句
あお はな とき くち 地摺じず きま 年増どしま ろう 惘然もうぜん つか 猪口ちょこ あつ 一盞いっさん 些少さしょう 仔細しさい たたず もう すご 凄味すごみ しの 前跼まえかが つんざ いたわ 単衣ひとえ しるし かえ 古袷ふるあわせ 可笑おか 吃驚びっくり あき つぶや あお 和尚おしょう 喧嘩けんか 喪家そうか 嗚咽おえつ ささや たま 夕餉ゆうげ 夜鷹よたか 天床てんじょう 太息といき ねえ 小鮒こぶな とが じょう 庇越ひさしご たちま 悍馬かんば ゆっ たし 技倆ぎりょう かかわ つか そろ くすぐ さか 昂奮こうふん けた 桁外けたはず おけ とげ 此処ここ ゆが 溜息ためいき あふ 灌木かんぼく すす 燗番かんばん 爪尖つまさき 爽快そうかい 狼狽ろうばい 疎忽そこつ さかずき にら まれ 穿 やつ 立膝たてひざ はし 精悍せいかん まと ののし うらや 股立ももだち さかな ぜん 良人おっと 苛々いらいら 草鞋わらじ 落魄らくはく 蒼白あおじろ