“喪家”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうか83.3%
さうか16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
原住民のほかに、喪家もいる、わが家の灯一つを見て、近所の犬が、朝晩台所へクンクン飢えた鼻をならして来る。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つまり良家の飼犬でなくして、喪家の野良犬であったからです。二つの野良犬が餓えて食を求めに来ました。生きている者は本能的に生存権を要求する。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
兎角する内に夕方も近づいて來る、その間、私は飢ゑさらばふ喪家の犬のやうに彷徨ひ歩いてゐた。畑を横ぎらうとして、ふと前方に會堂の尖塔を見た。私はその方に急いだ。
宗助喪家室中退いた。しくいた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)