“喪旗”の読み方と例文
読み方割合
もき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただちにを発し、泊中の者は頭巾に喪章をつけ、また宛子台の上には黒い喪旗が掲げられ——一山、哀号のうちに沈みきった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
初めの日、蜀の軍が、夕方からたくさんに五丈原から西方の谷間に集まりました。そして白の弔旗と黒い喪旗を立てならべ、一つの蓋霊車
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
喪旗を垂れ、をのせた船は、哀々たる弔笛を流しながら、夜航して巴丘を出て、呉へ下って行った。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)