“喪心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうしん82.1%
さうしん17.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにも拘らず、今諸戸が、この品物の処分法を指図もしないで、喪心で立去ったというのは、よくよくの事情があったことであろう。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
それが、見えなくなった後も、喪心した人間のごとく、じっと立ちつくしている。夜虹のようなの川と秋風のささやきがその上にあった。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
瞬間處々んでれた屋根んでつた。卯平數分時豫期しなかつた變事意識したんど喪心してれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
お志保もた不思議さうに丑松の顔を眺めて、丁度喪心した人のやうな男の様子を注意して見るらしい。二人は眼と眼を見交したばかりで、黙つて会釈して別れたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)