“劈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つんざ77.3%
13.4%
つん3.4%
1.7%
つんざか1.7%
きざ0.8%
くだ0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三聲めにると、くやうな、むやうな、呻吟くやうな、くかと意味かにつてて、らしくく……
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
定罰のような闇、膚をく酷寒。そのなかでこそ私の疲労は快く緊張し新しい戦慄を感じることができる。歩け。歩け。へたばるまで歩け
冬の蠅 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
部屋一パイにこめて居るのは、七味唐辛子をブチけたやうな、凄い煙で、その煙をざいて、稻妻の走ると見たのは、雨戸から障子へ燃え移つたです。
三方から斬りかかるのを引っ外して、平次の手が懐中に入ると、久し振りの投げ銭。闇をって一枚、二枚、三枚、ヒュッ、ヒュッと飛びます。
積悪の応報覿面の末をひてかざる直道が心のは、無残にもれて、路上に横死の恥をせる父が死顔の、犬にられ、泥にれて、古蓆の陰にせるを、怪くも歴々と見て
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
火勢をで伸して注ぎかけるホースのように、数条の登り竜は、くきくきと天上に昇っては花影の余抹んで満口の火粉を吹き、衰えては降り、また登って行きます。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
りんどうの花はまれた天河石と、かれた天河石で組み上がり、そのはなめらかな硅孔雀石でできていました。
曲者匕首を持っているらしく、ガラッ八の脇と肩をきましたが、ガラッ八は巧みに防いで、三度目には十手に絡んで得物をハネ飛ばし、自慢の力でギューと押付けてしまったのです。
銭形平次捕物控:126 辻斬 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)